医師転職が増える理由

医師転職が増える理由

このところ医師 転職が増えているのをご存知でしょうか。医師の場合は単純に待遇の良いところに移りたいとかもっと幅広い医療に携われる大病院に行きたいという前向きな理由だけでなく、現状の激務に耐えられずに退職してしまう人も少なくありません。医師不足にも病院の勤務体系にも原因がある根の深い問題なのです。激務に耐えられずに医師が退職するとますますその病院では医師が少なくなり残った医師の負担が増えます。そして負担の増えた医師がさらに転職を考えるという悪循環にも陥っています。医師不足が深刻なのは専ら地方の病院で、激務が多いのも地方の医師です。そのため人材が揃った都会へ医師が出て行きますます地方の医師が不足しているというのが現状です。地方の病院の中には医師が足り図に救急患者を受け付けないところも増えてきています。救急患者を受け入れない病院が増えると患者は救急車の中で行き場を失いようやく受け入れてくれる病院が見つかるまで1時間以上もたらい回しにされるなんてことも多々起こっています。このような現状を打破するためには医師の勤務体系を見直す必要があります。私たちから見れば高収入な医師という職業ですが、実は収入に不満を持っている医師も少なくありません。これは別に医師が欲深いのではなく、激務に対しての報酬として少ないと感じているのです。1千万円もらっても割に合わないほど激務だということです。医師が病気になってしまってはどうしようもありませんので医師が精神的、肉体的に耐え得る勤務体系を確率することや、医師 転職がが不可欠と言えるでしょう。

新着情報

おすすめサイト

関連情報

Copyright (C) 医師転職が増える理由 All Rights Reserved.